スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不定期連載】立ち回りについての考察

2014.03.06 20:25|考察(?)
ロックです、ごきげんよう。


今週は何故か仕事が小康状態で欠片出しも捗りましたので、ちゃんとした(?)ブログ更新。

あ、そういえばクルマ買いました。クーパーの黒。

自分で買う初めてのクルマだったので嬉しかったです(小並感)



今回は交戦時の立ち回りについて、自分の思考を晒してみます。
良いか悪いかは別問題。
改善の余地はいくらでもある。






今回は射程的な話。
久々に頑張ってみたよ。

射程について

有効攻撃射程は、手前から最長射程の2/3くらいとしています。
あくまで僕の体感のお話ですが。

投擲系という武器特性上、攻撃頻度から来るダメージの期待値は大きいと思いますが
基本的に長射程を持つ職はLA奪取役を担っていると考えた方がいいです。
故に、射程ギリギリでちょこちょこやってるのは剣士となんら変わりなし。
シフといえども、ある程度踏み込む必要があります。
それに伴って相手の攻撃を掻い潜るPS、投げ続ける耐久力等も加味しなければなりません。




射程についてその2

実例を挙げてみます。相手は飛天さんの時のものです。
左端が実機上での画面端(高解像度)。

恐らく高スキルヘイを貰ってGvをしてる人には分かると思いますが
有効ゾーンから有効でないゾーンまでは走って1秒かかりません。
理論上はシフ2タゲが合っても3万も削れないことになります。
画面端に居る相手は言わずもがな。どうやっても倒せません。

ちなみにこの撮影の瞬間のまえ、およそ有効射程内でLAを取っています。
つまるところ、見た目上の射程>実質上有効な射程

不思議と相手を倒すあの人は、意外と見えない部分を意識しているのかもしれません。











まぁ僕は隠れて投げるの意識しすぎて、最近はスイッチかかりまくりですけどね(´・ω・`)
何事も塩梅が大事です。でも腕斬り辛いん。凄く。

コメント

非公開コメント

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
【 Profile:Lock 】

橙鯖在住、まったり派シフ。
鍵開けるよ!!

↓バナー作成:虐殺さん↓

・Lock・

  /ええ顔しとるやろ\

【現所属ギルド】
 ◆ Orange_Family_C[蝕]
 ◆ 夢列車_C[蝕]

【 コメント 】

【 アクセスランキング 】

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
9720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レッドストーン
314位
アクセスランキングを見る>>

【 来場者数 】

【 カテゴリ 】

【 検索 】

【 ブログリンク 】

※敬称略

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。